無料ブログはココログ

バナー

  • JALショッピング

時計

カレンダー

映画

2012年2月10日 (金)

星の土地・・・

昨夜、東の空を見ると

なんだか、燃え立てるような山・・・

それは、おぼろげながら昇る

月明かりでした・・・・

あの月に、本当にアポロは行ったのだろうか・・・




 

 

 

 

JALショッピング

 

ANAショッピング×OCEANS×FUJITAKA 3社コラボ!

2011年12月15日 (木)

国内廃棄物に大量の核物質 未計量で濃縮ウラン4トン

2011/12/15 02:09  ( 【K通信】から引用)

政府が国際原子力機関(IAEA)の保障措置(査察)の対象と なっている全国の262施設を

調査した結果、計量や報告をしていない濃縮ウランやプルトニウムなど核物質が廃棄物から

大量に見つかったことが14日、分 かった。政府は国際社会の批判を避けるためIAEAへの

申告を急ぎ、水面下で協議を始めた。複数の政府高官が明らかにした。

               

 中でも政府系研究所で高濃縮ウラン約2・8キロ、原子力燃料製造企業で約4トンの低濃縮

ウランがそれぞれ未計量だったケースを重視して調べている。中部、北陸、中国の3電力会

社などにも未計量とみられる核物質があり、確認を進めている。



2011年8月31日 (水)

明日は、防災の日・・・・

気象庁のHPから引用・・・

8月後半の地震発生状況。

0815
2011081501

0816
2011081601

0817
2011081701

0818
2011081801

0819
2011081901

0820
2011082001

0821
2011082101

0822
2011082201

0823
2011082301

0824
2011082401

0825
2011082501

0826
2011082601

0827
2011082701

0828
2011082801

0829
2011082901

0830
2011083001kantou

最近の1週間まとめ(0824-0830)

★関東・中部
Weekly01ka

★近畿
Weekly01ki

★M3以上の日本全体
Weekly01j

まだまだ、東日本は動いてる模様。

明日、9月1日は、防災の日。






2011年8月 3日 (水)

関東地方引き続き警戒せよ・・・Part2

もう一度、3.11の地震について振り返ります。

   注:画像は、気象庁のHPから引用。

     画像をクリックすると、大きくなります。

     Mはマグネチュード。Depthは、震源の深さ。

     震災前、10日間の地震発生状況です。

3.01

2011030101

3.02

2011030201_2

3.03

2011030301

3.04

2011030401

3.05

2011030501

3.06

2011030601

3.07

2011030701

3.08

2011030801

3.09 宮城沖

2011030901

3.10 宮城沖

2011031001

3.11 宮城沖 福島沖 茨城沖

2011031101

地震の発生メカニズム

400pxtypes_of_earthquakes_ja

あれから、4カ月後

7月の地震発生状況です。

7.01

2011070101

7.02

2011070201

7.03

2011070301_2

7.04

2011070401

7.05

2011070501_2

7.06

2011070601

7.07

2011070701

7.08

2011070801

7.09

2011070901

7.10

2011071001

7.11

2011071101

7.12

2011071201

7.13

2011071301

7.14

2011071401

7.15 茨城南部

2011071501

7.16

2011071601

7.17

2011071701

7.18

2011071801

7.19

2011071901

7.20

2011072001

7.21

2011072101

7.22

2011072201

7.23

2011072301

7.24

2011072401

7.25 福島沖

2011072501

7.26

2011072601

7.27

2011072701

7.28

2011072801

7.29

2011072901_2

7.30

2011073001

7.31 福島沖

2011073101

8.01 駿河湾

2011080101

3.11を境に、明らかに 東日本の地殻が活発時期に入りました。

太平洋プレートの沈み込みは、まだまだ継続中です。

Zeijaku1

 

首都直下型は、地震は、3.11とは比較にならないほどの

被害を東京にもたらします。

阪神淡路大震災を思い出して下さい。

ビルや家屋の倒壊、火災の発生、高速道路の倒壊、鉄道の寸断。

発生時間帯によっても異なります。

 深夜~早朝 ・・・・ 自宅での被災。

 通勤時間帯 ・・・・ 通勤電車、バスでの交通機関での被災。

 昼間     ・・・・  職場での被災。

  夜       ・・・・   通勤電車、バスでの交通機関での被災。

 休日     ・・・・  普段いない場所での被災。

 家屋の倒壊による閉じ込め。

 火災の発生、交通遮断、消防車両、救急車両の圧倒的不足。

 鉄道、交通道路網の寸断により、帰宅困難者はもとより、負傷者は膨大。

 その時、その場所で、あなたは、どうするか。

 自分の命は、自分で守しかないのです。

click ⇒ 東京都の防災マップ

2011年4月27日 (水)

関東地方引き続き警戒せよ・・・




大地はまだまだ動いています。

気象庁HPより引用のデータです。

M3以上の地震発生の分布図。

・2011/04/13

2011041301

・2011/04/14

2011041401

・2011/04/15

2011041501

・2011/04/16

2011041601

・2011/04/17

2011041701

気象庁HPのデータの更新がここまでなので、

Hi-netのHPのデータから引用します。

直近の7日間の状況です。

気象庁のデータとの相違はM3未満も含まれています。

・2011/03/26/07:15~2011/04/27/07:15

Japanhinet20110427


 福島県南部から茨城の沿岸部が集中ですね。

   これだけ地震が多発してると、当然地殻変動が考えられるわけです。

  国土地理院HPからです ⇒  http://portal.cyberjapan.jp/denshi/index3_tohoku.html

                     http://mekira.gsi.go.jp/project/f3/ja/index.html

   地殻変動1996-1999のアニメーションです。     

     ⇒   http://mekira.gsi.go.jp/JAPANESE/crstanime9604_9912b.html

 こんな状況です。日本列島は、特に福島県は現在進行中です。

 残念ながら、福島原発付近の地殻変動の航空写真は公開されていないようです。

 

 想像するに、原発も地殻変動の影響を受けていると思いますが・・・

 政府発表からは見えてこない、現実がここにあります。

 こんな日本に、原発を建てたのが、誤りでしょう・・・

 

 地殻変動のリスクを考えれば、どんな建物も建てられないと思ってしまいがちだが、

 人の人生の長さや昭和初期の時代の建物が残っていることを考えれば、そんな

 時間軸では問題ない。

 地震や津波のリスクはあるにしても・・・

 ただし、原発に限って言えば、

 

 それは当てはまらない。

 今回のような事故の場合、40日以上経過しても、現状さえ把握できず、

 

 ロボットに頼ってる現実。

 次々に明らかになる、現実。

 東電が発表した工程表は、もはや崩れた・・・

 

 

 見通したが立たないこの現状をどうするのか・・・

 福島に限って言えば、復興の言葉は・・・

 廃炉となっても、それ以降の作業年数を考えれば・・・

 

 また、放射線を出す、原子炉にある核燃料やプールに保管されている

 使用済核燃料

 これらは、2万4千年もの間、管理しなければならない・・・

 

 今から、2万4千年前と言えば、日本列島がまだ、僅かに大陸と繋がってた時代・・・

 2万4千年後そのころの、日本列島の姿は、どうなっているのでしょうか・・・

 

 そのころ、日本列島に日本人は住んでいるのでしょうか・・・

 

 

 

 

 

2011年4月21日 (木)

地震学者たちは・・・

T大学のR・G教授は、「日本政府は、欠陥手法を用いた確率論的地震動予測も、仮想にす

ぎない東海地震に基づく不毛な短期的地震予知も、即刻 やめるべきだ」と

の主張を英科学誌ネイチャー電子版に掲載した(本人による日本語訳は 

日本の地震学、改革の時  )である。

Predictionmaplg

そして、今日、A朝刊に掲載されていた

地震学12名の見方。

・影響は続くが期間を区切れない。震源域の北などで、M8級の可能性もあるが、未経験の超巨大地震であり見通しは立てにくい。
 (T大名誉教授、地震調査委員長、地震防災対策強化地域判定会長)

・数は減っていくが、スマトラ沖地震の例から、数年たってもM8級の可能性は否定できない。
 (T中央研究院地球科学研究講座教授)

・震源域の北と南、東でM8級の可能性。1896年の三陸地震の後、岩手と秋田の県境付近で、M7級があったので、要注意。
 (B科学技術研究所理事長)

・震源域の東の海溝付近で地震が起こる可能性。予測には限界がある。
 (K工科大名誉教授)

・ふだんより地震活動が高い状態はしばらく続く。いつ、どこで、どの規模の地震が起こるかはわからない。
 (T大理学部教授)

・海溝の東でM8級の可能性、福島県付近でM7級は要警戒。ほかでもM7級の可能性あるが、場所の特定はむずかしい。
 (N大環境学研究科教授)

・余震の数は減るが尾をひく。誘発地震はM8級も含めて5年は注意が必要。首都圏直下も要注意。
 (T大名誉教授、地震予知連絡会長)

・どこで、どう起こるのかわからない。今の地震学では予測はほとんど不可能。
 (K研究所副所長)

・M8級の可能性は残っている。M7級は東日本のどこでも起きる可能性がある。首都圏でも注意が必要。
 (T大地震研究所教授)

・地震前の状態に戻るまで数年かかる。海溝付近でM8級の可能性。M7級は内陸、房総沖でありうるがよくわからない。
 (K大防災研究所教授)

・M7級が年に1回程度になるまで1年以上。震源域の東と南でM8級の可能性。沈み込むプレート内部、陸の活断層でM7の可能性。
 (N大環境学研究科教授)

・影響は、時間的空間的に広い範囲で出るだろう。10年単位で続く可能性がある。
 (K温泉地学研究所所長)

専門家たちは、まるでお手上げ状態。

 

 無理もないのかな・・・・

 

 気象庁のHP   全国の地震活動(速報)

Hypomap04180421

でも、先生がたが諦めても、私は諦めない。

地震研究推進本部の地震情報

      と

防災科学技術研究所 Hi-net高感度地震観測網   



をみれば、手に取るようにわかる・・・

「地」 が 「震」 れる・・・ている・・・ 

地球史年表 Wikipedia

地球が生まれて、46億年・・・

ヒマラヤ山脈が形成され始めたのが4500万年前・・・

日本列島が今の形になったのが、約1万3000年前・・・


日本の有史は、2,000年

平成は、23年・・・

でも、私たちは、今、生きているのだ。生活しているのだ。

生きている限りは、一人でも多く生き延びなければならない。

だから、生きる術と知恵を忘れては、ならない。

とにかく、自分を信じて・・・

地球 変わり続ける地球 

2011年4月15日 (金)

大地震の予知って可能だと思うのだが・・・

Header_top

 ↑ click    HI-net 高感度地震観測網

広範囲で地震に注意呼びかけ

NHKニュース

   

4月15日     4時2分    

東北から関東にかけての太平洋側では、14日も福島県や茨城県で震度4の揺れを観測

するなど、巨大地震の余震が続いています。余震が起きている地域から離れたところでも

地震が相次いでいて、気象庁は広い範囲で地震に注意するよう呼びかけています。

   

先月巨大地震が起きた東北から関東にかけての太平洋側では、余震が続いていて、今月

11日以降で は、福島県と茨城県、それに千葉県で、震度6弱の地震が2回、震度5弱の

地震が5回観測されています。また14日も、午前7時半すぎに茨城県で、正午すぎ に福

島県と茨城県で、いずれも震度4の揺れを観測する余震がありました。このほか、巨大地

震の影響で、余震が起きている地域から離れた内陸でも、広い範囲 で地震が相次いでい

ます。気象庁は、巨大地震の余震が起きている東北から関東にかけての太平洋側に加

え、離れた地域でも、強い揺れを伴う地震に注意するよ う呼びかけています。

ところで

「東日本大震災」って、予知できなかったのだろうか・・・

ちょっと気象庁のHPから引用してみた・・・

毎日の地震活動  

      これは、各地の震度ではない。

      地震発生の分布図である。        

・2011/03/01

2011030101

・2011/03/02

2011030201

・2011/03/03

2011030301

・2011/03/04

2011030401_3

・2011/03/05

2011030501_2

なんだか、東北沖が気になりますね・・・・

・2011/03/06

2011030601_2

・2011/03/07

2011030701_2

・2011/03/08

2011030801

・2011/03/09

2011030901

宮城沖で集中多発!!

     (東北に切り替え)

2011030901_2

・2011/03/10

2011031001_2

9日に続き、宮城沖で集中多発!!

   (東北に切り替え)

2011031001_4

当時のtwittwer から様々な反応・・・

・ひゃー 地震 地震! 明日のメイド服の試着してるんだけど 今は死ねないΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)Twitter - 2011/03/10 3:19:24

・なんか昨日今日と地震が多いな。Twitter - 2011/03/10 6:24:22

・昨日の東北の地震の長周期地震動で都庁のエレベーターが止まったらしい…あぁ朝から忙しそうだ(-。-;Twitter - 2011/03/10 8:19:19

・ちなみに宮城県沖地震が単発での発生だとM7.5付近で予想震度は仙台で震度5強~震度6弱、津波は1M前後、連動型だとM8.0付近で震度6弱から震度6強、津波は2M以上という話を昔聞いたことあるなTwitter - 2011/03/10 12:40:42

・地震くると寒くなるって言うけど、ホントやなTwitter - 2011/03/10 21:29:39

・2011/03/11

2011031101

2011031101_2

プレート上のあちこちで発生!!

  福島沖にも注意

当時のtwittwer から様々な反応・・・

・[速報LV1] 11日14時46分頃 宮城県石巻市鮎川浜近辺(N38.1/E142.9)にて(M7.3)の地震が発生。震源の深さは不明。(  ) #saigai #eqjp #earthquake地震速報-震源情報:38.1/142.9 (M7.3 0.1km)Twitter - 2011/03/11 14:47:23

・大地震が発生しております。火の元にご注意ください。上から落ちてくるものなどにご注意ください。壁から離れて下さい!!!!!Twitter - 2011/03/11 14:49:16

・大津波警報も出ております。海岸、河口、沿岸部には絶対に近づかないでください!!!Twitter - 2011/03/11 14:51:13

・仙台の家が津波で流されてる…Twitter - 2011/03/11 15:56:15

・【津波情報】仙台市で津波が川を遡上中 #eqjp #tsunamiTwitter - 2011/03/11 15:56:13

・今、仙台名取川から高さ10メートル近いクラスの津波が連続で押し寄せています。内陸部数キロすべて崩壊です。畑も高速道路も火災で見えなくなりました!Twitter - 2011/03/11 16:21:22

・【拡散RT】お願いします。宮城県の人達、停電で大津波警報が出てることを知らないみたい。ツイッターで呼び掛けて!Twitter - 2011/03/11 16:21:30

・2011/03/12

2011031201_2

長野で発生・・・

伊豆あたりも・・・

・2011/03/13

2011031301

・2011/03/14

2011031401

・2011/03/15

2011031501

富士山付近で発生・・・

・2011/03/16

2011031601

・2011/03/17

2011031701

・2011/03/18

2011031801

・2011/03/19

2011031901

この数日間、福島あたりが集中だ・・・

・2011/03/20

2011032001

・2011/03/21

2011032101

・2011/03/22

2011032201

・2011/03/23

2011032301

・2011/03/24

2011032401

・2011/03/25

2011032501

・2011/03/26

2011032601

・2011/03/27

2011032701

 但し書き

  ※「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」の余震が

   多発しているため処理に遅れが生じ、掲載しているデータ

   に ついても「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」、

   3月12日長野県北部の地震および3月15日静岡県東部の

   地震の余震は、処理の遅れにより掲載していないものが

   ある。

これ以降は知りたいのだけれど、データ処理が追いついてなく

掲載されていない・・・

東北の余震ばかりと思ってたけど、実に、様々な所で、大小

の地震が連続して発生していることが分かる。

すべて、違う場所で発生しているのに、

もうすべてが同じように感じられる。

とにかく、毎日、気象庁のHPをチェックすることだ。

大地震の前には、必ず、数日前から前兆があるってことを・・・

みんな、自分を守ろう・・・

http://www.seisvol.kishou.go.jp/auto/hypo/index.html  ← リンク先がなくなったよ

         クリックすると拡大します。

               ↓

Hypomap2011041215

2011年4月 8日 (金)

本物の歌手 Genuine singer ・・・

この時代にもいたよ・・・

日本の歌うたい・・・

この国を歩けば原発が54基  教科書もCMも言ってたよ安全です

俺たちを騙して言い訳は「想定外」

懐かしいあの空  くすぐったい黒い雨

ずっとウソだったんだぜ やっぱバレてしまったな

ほんとウソだったんだぜ  原子力は安全です

ずっと嘘だったんだぜ ほうれん草食いてぇなあ

ほんと嘘だったんだぜ 気づいてたろうこの事態

風に舞う放射能はもう止められない

何人が被曝すれば気がついてくれるの

この国の政府

この街を離れてうまい水見つけたかい?

教えてよ やっぱいいや  もうどこも逃げ場はない

ずっと○ソだったんだぜ T電もH電もC電もKyu電も

もう夢ばかり見てないけど

ずっと○ソだったんだぜ それでも続ける気だ

ほんと○ソだったんだぜ 何かがしたいこの気持ち

ずっと嘘だったんだぜ  ほんと○ソだったんだ 

The 54 groups of primary text books you walk through this country

I was also talking about CM is safe

We're an excuse to trick

Here is the sky black rain tickles

Let Bale had I thought that I had been lying

I'm really lying nuclear power is safe, it was

I wish I was a lie'll always

I'm aware of this situation was a lie really Tetarou

Radiation can not stop dancing in the wind again

Us about what people feel if the exposure

The government of this country

Wed saw off you good in this city?

I thought I can escape it anymore and I do not

T Electric Power T Electric Power  C Electric Power  Kyu Electric Power

I'm north of T  Electric Power had been fuking

I have not seen just a dream anymore

That is he'll keep it forever It was shit

This feeling I'll want something that was really shi 

It was really shit was a lie I'll always

献金

 click ⇒  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110409-00000011-jij-pol

接待

 click ⇒  http://yutori2ch.blog67.fc2.com/blog-entry-2468.html

[時事通信]

中国・九州5県でも放射性物質=ごく

微量、ほこりや雨から-文科省

 福島第1原発事故の影響で、関東だけでなく、中国地方から沖縄にかけて

の5県でも、ほこりや雨から放射性物質が検出されていたことが、9日までの

文部科学省の調査で分かった。

風で運ばれたとみられ、拡散が確認された形だ。

文科省は「いずれも微量で、健康への影響はない」としている。

 同省によると、先月18日から今月8日までの間に、地表に落ちてきたほこり

や雨を分析。東北(宮城は計測不能)と関東の全都県、新潟、石川、福井、山

梨、長野、静岡、三重のほかに、中国、九州地方の島根、岡山、佐賀、宮崎、

沖縄の各県で、放射性ヨウ素131を検出した。

 中国、九州地方では、検出した期間は長くて数日、量は1平方メートル当たり

数ベクレル程度だった。

 水道水からは、青森を除く東北全県と関東全域で放射性物質を検出。他に新

潟、山梨、静岡の3県でもわずかに見つかった。

 原子力安全委員会は「第1原発から放出されたとみられる放射性物質は米国

でも検出されており、当然国内に飛散する可能性はあるが、問題になる量では

ない」との見解を示した。中国地方以西で検出された地域にばらつきがあること

については「放射性物質を含む雲が通った時、たまたま雨が降るなどした影響

ではないか」としている。(2011/04/09-05:28)

Radioactive material in small amounts of Chugoku Kyuusyuu five

prefectures,from dust and rain - ministry 

The effects of nuclear accidents first Fukushima, as well as the Kanto in five

prefectures in between Okinawa from the Chugoku region,

it was found that radioactive material from rain and dust, found in a survey

of the Ministry of Education until 09

Seen as carried by the wind, it was found spreading form.

The ministry is a small amount of both health effects is not trying to.

According to the ministry, during the month from March 18 to 08, analysis of

dust and rain fell on the ground. Northeastern Japan (Miyagi not be measured)

prefectures all Kanto, Niigata,

Ishikawa, Fukui, Yamanashi, Nagano, Shizuoka, in addition to triple Chugoku ,

Shimane in Kyushu,

Okayama, Saga, Miyazaki prefecture in Okinawa, radioactive iodine-131 was

detected.

Chugoku , in the Kyushu region, was detected during long days, the amount was about

the number of becquerels per square meter.Tap water, the radioactive substance

found in the Kanto and the whole county except Aomori Toukoku. Other Niigata,

Yamanashi, found only in Shizuoka prefecture 3.

NSC is radioactive substances believed to be emitted from primary 1 has

also been detected in the United States, the possibility of flying to the country

of course, but the amount will not matter  the opinion of this. That there are

regional variations in the detected region in west  Chugoku when passed through

a cloud containing radioactive material, and might influence the chance of rain;

has said. (2011/04/09-05: 28)

 

2011年4月 6日 (水)

放射能汚染の広がり・・・

昨日の朝日

2011_0405_062513cimg0836_convert_20


あの空の向こうから、広がってくる・・・

手を付けられない状態のようだ

私が書いてきたブログがことごとく、明白になってきた・・・

だれも、もう止められないのか・・・

多くの情報をもつ人々や外国の方々が西に、国外に逃げた理由も・・・

ついに、横須賀から、米軍の空母までもが、佐世保に退避・・・

そして、アメリカからは海兵隊の特殊部隊シーバーフ(CBIRF)が投入された・・・

  (核兵器や生物兵器等で汚染された地域で活動する任務)

しかし、彼らもまた、未体験であろう・・・

もう、次の段階に入った。日本の手には負えないのだ・・・

第一原発で繰り返される、作業は、多くの被曝者を生んでいる。

  電力会社社員、協力社員、自衛隊員

   自衛隊員においては、政府の方で手当ての検討に入ってる。

   イラク戦争派遣時並みの保障である。死ととなりあわせ・・・

       電力会社や協力社員は、どう手当てされるのか。。。

政府の発表では終息は数ヵ月はかかるだろうと・・・

しかし、人類史上体験したことのない事態である。

スリーマイルやチェリノブイリを引き合いに出されるが、ここで起きているのは

第3の事故 「フクシマ」 という事実。

確かに、関東近郊の空気中の放射能濃度は低下傾向にはあるだろう・・・

しかし、今、原子炉で起こっていることは、誰も知らない。

当事者や科学者も、予想の域を超えない。

広島、長崎、スリーマイル、チェリノブイリの4回の経験データだけで、健康に影響はないと

いうi医学者たち。日本医学の治験は、そんな程度なのか。

公害、薬害訴訟では、たった一人の命についても企業や国の責任が問われるのだ。

日本人は世界一ガン大国であり、2人に1人が罹ると。

だから、この程度の放射線を浴びても、少し危険率がUPするだけだと云う。

誰もが、危険に晒されるのは、好まない。

科学者たちは、数字だけを淡々と述べる。

日本の気象庁が、指摘されて、初めて、放射性物質の拡散予測を公開した。

 click ⇒ http://www.jma.go.jp/jma/kokusai/EER/eer_sample.pdf

地球の裏側の国は、既に公開している。

(これは、日本からのデータ提供によるものだから、唖然とするばかり。)

 ドイツ気象局 ⇒ http://atmc.jp/germany/

 イギリス気象局 ⇒ http://atmc.jp/england/

 ノルウェー気象研究所 ⇒ http://atmc.jp/norway/

地球全体の問題なのである。

海洋汚染も始まった。

他国に影響及ぼすこの海に大量の汚染されたものが排出・・・

海流はどうか。

放射性物質は、海底に沈殿するのか。

風評被害は、日本だけに止まらないだろう。北太平洋で海流は拡散する。

土壌汚染も始まった。

恐れていた、プルトニウム238、239、240が第一原発周辺で検出された。

     238 半減期88年

     239 半減期2万4千100年

     240 半減期6千560年

半減期が引き合いに出されるが、消して放射線を出さなくなるのではない。

 click ⇒ http://www.47news.jp/47topics/e/202283.php

農産物、海産物の基準があわててつくられる。これも想定外か・・・

人が浴びる放射線の基準も知らぬ間に緩和されている。

「直ちに影響はない」の言葉・・・

だれもが、10年後、20年後の自分の体に責任をもてるのか・・・

その時、人の体に影響が出る人、出ない人、この世を去っている人・・・

日本はどうなっているのか、誰も解からない

未来だけが知っている。

   追記 この方のHPを紹介する。

      click ⇒ http://takedanet.com/ 

      読んでおいて、損はないはずである。

2011年3月25日 (金)

ある原子力関係者のメッセージ・・・

ほんの2ケ月前に見つけたHP

半信半疑であったが・・・

放射能・放射線について学ぼうと思った

その矢先だ。

起こってしまった、3月11日の地震、津波、そして原発事故・・・

実名が出ているので本当のことだと思う。

【原発がどんなものか知ってほしい】

click ⇒ http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

※追加 【内部監査報告】 アドレスが東電のCSRだから本物のようである。

click ⇒ http://www.tepco.co.jp/csr/kaifuku/trend/pdf/kansa07.pdf

   下請作業員との意思疎通ができていない実態のようだ。

※追加 【被曝した作業員のニュース(2011/3/25)】

click ⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110325-00000995-fnn-soci

  【時事通信】 

    3人のうち、放射線によるやけどの疑いで福島県立医大病院に搬送された30代の     

    男性(線量計の被ばく線量180.07ミリシーベルト)と20代の男性(同179.37ミ

    リシーベルト)は東電と直接契約している会社の社員で、放射線業務従事者として

    の経験は11年と4年。

    搬送されなかった30代の男性(同173.00ミリシーベルト)はこの会社の契約先  

    の社員で、経験は14年。 

刻々と進む時間・・・

遅々と進まない現状・・・

もう手遅れなのか・・・

こうしてるうちにもTVに出てる解説者(大学教授、原発推進者達)が

話す言葉が空虚に思える。

【追加】

 東京大学付属病院放射線治療チームの本当の実力

  (TVに出てくる東大病院准教授が原発事故を受けて急きょ立ち上げたチーム)

 twitterから
3/24
その結果、間違いなくI-131が検出されました。ちなみに、I-132は検出されませんでした。蒸発量に依存しますが、煮沸で I-131は濃縮される結果となりました。水道水の煮沸はやめて頂きたいと思います。
3/24
今朝、自宅で、5分程、水道水を流してからペットボトルに採水。さらに鍋に水道水を入れて、1分、5分と煮沸。自然にさまして、それぞれ、別のペットボトルに封入。これを研究所に持って行き、Ge半導体検出装置で測定。
3/24
煮沸による水道水のヨウ素の濃度変化を検証する”実験”は、放射線医学総合研究所の環境放射線能の某専門家にお願いしました。どんな風に測定して頂いたかをお知らせします。
3/24
昨日水道水を飲んでしまったと心配される方がおられるかもしれませんが、数回程度では、乳幼児、成人ともに、全く問題のないレベルです。また、この程度なら水道水を煮沸してもしなくても、全く健康に害はありません。
3/24
胎児と乳児でも、少なくとも10ミリシーベルト(累積)以上の被ばくがないと、身体的な影響が生じないことが知られています。乳児の場合、粉ミルクなどで、一日1ℓ飲むとすると、約1年で、やっと10ミリシーベルトに達する計算になります。
3/24
「公衆被ばく」の限度が100ミリシーベルト(累積)です。つまり、210Bq/L(1リットルあたり210ベクレル)のヨウ素が含まれる水道水は、「公衆被ばく」限度の1/100程度ですから、問題のないレベルであることが分かると思います。
3/24
もし210Bq/Lが長期間続くと仮定し、成人でがこの水を毎日1リットル飲むとすると、約1年間飲み続けた場合に1ミリシーベルトに達します。本来は、ヨウ素は「崩壊」によってどんどん減っていくので、実際はもっと少ない被ばく量になります。
3/24
このため、東京都は、23区と武蔵野市、町田市、多摩市、稲城市、三鷹市の都民に対して、乳児に限って水道水の摂取を控えるよう呼びかけています。ただし、乳幼児以外は、他に水が確保できなければ、飲んでも差し支えないとしています。これを検証します。
3/24
原子力安全委員会が定めた飲食物摂取制限に関する指標値は、300Bq/Lとなっており、210Bq/Lは基準内です。ただし、食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値の100Bq/Lを超えてしまっています。
3/24
昨日、東京都葛飾区金町にある都の浄水場の水から210Bq/L(1リットルあたり210ベクレル)の放射性ヨウ素131が検出されました。水道水中の放射性ヨウ素濃度の上昇は、空気中のヨウ素が昨日の雨と共に江戸川などの河川に流れ込んだことによると考えられます。
3/24
ある方にお願いして、煮沸によるヨウ素の濃度変化を検証する実験を、水道水中に含まれるI-131を対象に行いました。その結果、水道水を煮沸すればするほど水蒸気だけが飛んで、I-131が濃縮されました。もし、煮沸しようとされている方がいれば、直ちにやめるようお伝え願います。
3/24
放射線性ヨウ素の半減を待つ(I-131の半減期=8日)くらいしか、手はないと思いますが、そもそも、水道水についても心配はありません。昨日来、報道されている「水道水の放射線能」問題を、このあと考えてみます。
3/24
混乱を招くことになり、大変申し訳なく存じます。上記のコメントを削除させて頂きます。
3/24
昨日の投稿( )で、「水に含まれたヨウ素131は、高揮発性のため、煮沸することで幾分取り除くことができる」(大意)とお伝えしたところ、ご指摘・ご批判を複数頂戴しました。
3/24
なお、家庭用の浄水器の効果も、ほとんどないと言えるでしょう。水をペットボトルなどで取り置きし、放射線性ヨウ素の半減を待つくらいして手はないと思います。
3/24
昨日”高揮発性のため、水に含まれたヨウ素は煮沸することで幾分取り除くことができる”、と言いましたが、固体状のヨウ素分子(I2)の場合でした。水中に存在するヨウ素では、揮発効果はほとんどないため、煮沸はお勧めできません。お詫びの上、訂正させて頂きます。申し訳ありませんでした。
3/23
再度、3月21日のツイート()で、「「緊急時(中略)マニュアル」によると、食物の放射能測定前に水洗は行なっていないようです」と申し上げたのですが、別途通達があり、「水洗いして測定した」ということがわかりました。お詫びして訂正します。
3/23
ヨウ素131の放射能は8日で半分、16日で4分の1になります。日持ちが良いもの、流通や加工で食卓に届くまで時間を要するものに関しては、健康面に害を与えません。ただし、寿命の長い放射性セシウムは残っています。放射性セシウムの含有量が発表され、それが規制値以下であることが大事です。
3/23
したがって、以前、放射性物質を含むホウレンソウを摂取したときの被ばく線量を計算していただいたときに、「水洗いしていなければ、過大評価している」と書きましたが、実際に水洗いされているので、過大評価せずに計算されていると考えてよいと思います。
3/23
マニュアルでは「水洗いせず」との記載がありますが、厚労省から別の通達で水洗いしてから測定するように各自治体や測定機関に連絡があったようです。

驚くべきは、 

  水道水の放射能濃度について、他者に依頼し、他者は水道水で実験したという事実。

  他者とは、放射線医学総合研究所とのこと。

もはや、治療チームとは・・・

  そして、放射線医学総合研究所とは、その名のとおり研究施設なのである。

文部科学省が指定している東日本唯一の第三次医療機関。(西日本唯一は広島大学)

  上記の被曝した作業員が福島県立医大病院から転送された所でもある。

病院では治療できない・・・・

 

【追加】TVに出てこない大学教授の声

click ⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00000638-san-soci

   何故こうも、原子力に関わる方々の見方が各々違うのか・・・

ついに、政府がシュミレーションを出すという・・・

その時が、きたのか・・・

【追加】

緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の試算結果

click ⇒ http://www.nsc.go.jp/info/110323_top_siryo.pdf

【追加】

「文部科学省の平成18年度原子力防災に関する取組みについて」

click⇒http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/gijyutu/004/014/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2009/05/13/20070806_02b.pdf

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック