無料ブログはココログ

バナー

  • JALショッピング

時計

カレンダー

映画

« 放射能汚染の広がり・・・ | トップページ | 大地震の予知って可能だと思うのだが・・・ »

2011年4月 8日 (金)

本物の歌手 Genuine singer ・・・

この時代にもいたよ・・・

日本の歌うたい・・・

この国を歩けば原発が54基  教科書もCMも言ってたよ安全です

俺たちを騙して言い訳は「想定外」

懐かしいあの空  くすぐったい黒い雨

ずっとウソだったんだぜ やっぱバレてしまったな

ほんとウソだったんだぜ  原子力は安全です

ずっと嘘だったんだぜ ほうれん草食いてぇなあ

ほんと嘘だったんだぜ 気づいてたろうこの事態

風に舞う放射能はもう止められない

何人が被曝すれば気がついてくれるの

この国の政府

この街を離れてうまい水見つけたかい?

教えてよ やっぱいいや  もうどこも逃げ場はない

ずっと○ソだったんだぜ T電もH電もC電もKyu電も

もう夢ばかり見てないけど

ずっと○ソだったんだぜ それでも続ける気だ

ほんと○ソだったんだぜ 何かがしたいこの気持ち

ずっと嘘だったんだぜ  ほんと○ソだったんだ 

The 54 groups of primary text books you walk through this country

I was also talking about CM is safe

We're an excuse to trick

Here is the sky black rain tickles

Let Bale had I thought that I had been lying

I'm really lying nuclear power is safe, it was

I wish I was a lie'll always

I'm aware of this situation was a lie really Tetarou

Radiation can not stop dancing in the wind again

Us about what people feel if the exposure

The government of this country

Wed saw off you good in this city?

I thought I can escape it anymore and I do not

T Electric Power T Electric Power  C Electric Power  Kyu Electric Power

I'm north of T  Electric Power had been fuking

I have not seen just a dream anymore

That is he'll keep it forever It was shit

This feeling I'll want something that was really shi 

It was really shit was a lie I'll always

献金

 click ⇒  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110409-00000011-jij-pol

接待

 click ⇒  http://yutori2ch.blog67.fc2.com/blog-entry-2468.html

[時事通信]

中国・九州5県でも放射性物質=ごく

微量、ほこりや雨から-文科省

 福島第1原発事故の影響で、関東だけでなく、中国地方から沖縄にかけて

の5県でも、ほこりや雨から放射性物質が検出されていたことが、9日までの

文部科学省の調査で分かった。

風で運ばれたとみられ、拡散が確認された形だ。

文科省は「いずれも微量で、健康への影響はない」としている。

 同省によると、先月18日から今月8日までの間に、地表に落ちてきたほこり

や雨を分析。東北(宮城は計測不能)と関東の全都県、新潟、石川、福井、山

梨、長野、静岡、三重のほかに、中国、九州地方の島根、岡山、佐賀、宮崎、

沖縄の各県で、放射性ヨウ素131を検出した。

 中国、九州地方では、検出した期間は長くて数日、量は1平方メートル当たり

数ベクレル程度だった。

 水道水からは、青森を除く東北全県と関東全域で放射性物質を検出。他に新

潟、山梨、静岡の3県でもわずかに見つかった。

 原子力安全委員会は「第1原発から放出されたとみられる放射性物質は米国

でも検出されており、当然国内に飛散する可能性はあるが、問題になる量では

ない」との見解を示した。中国地方以西で検出された地域にばらつきがあること

については「放射性物質を含む雲が通った時、たまたま雨が降るなどした影響

ではないか」としている。(2011/04/09-05:28)

Radioactive material in small amounts of Chugoku Kyuusyuu five

prefectures,from dust and rain - ministry 

The effects of nuclear accidents first Fukushima, as well as the Kanto in five

prefectures in between Okinawa from the Chugoku region,

it was found that radioactive material from rain and dust, found in a survey

of the Ministry of Education until 09

Seen as carried by the wind, it was found spreading form.

The ministry is a small amount of both health effects is not trying to.

According to the ministry, during the month from March 18 to 08, analysis of

dust and rain fell on the ground. Northeastern Japan (Miyagi not be measured)

prefectures all Kanto, Niigata,

Ishikawa, Fukui, Yamanashi, Nagano, Shizuoka, in addition to triple Chugoku ,

Shimane in Kyushu,

Okayama, Saga, Miyazaki prefecture in Okinawa, radioactive iodine-131 was

detected.

Chugoku , in the Kyushu region, was detected during long days, the amount was about

the number of becquerels per square meter.Tap water, the radioactive substance

found in the Kanto and the whole county except Aomori Toukoku. Other Niigata,

Yamanashi, found only in Shizuoka prefecture 3.

NSC is radioactive substances believed to be emitted from primary 1 has

also been detected in the United States, the possibility of flying to the country

of course, but the amount will not matter  the opinion of this. That there are

regional variations in the detected region in west  Chugoku when passed through

a cloud containing radioactive material, and might influence the chance of rain;

has said. (2011/04/09-05: 28)

 

« 放射能汚染の広がり・・・ | トップページ | 大地震の予知って可能だと思うのだが・・・ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本物の歌手 Genuine singer ・・・:

« 放射能汚染の広がり・・・ | トップページ | 大地震の予知って可能だと思うのだが・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック